HOME > 全力サポート!PGMスポンサーシップ

全力サポート!PGMスポンサーシップ

男子プロ


宮里 優作
(みやざと ゆうさく)

生年月日1980年6月19日

出身地沖縄県

出身校東北福祉大学

プロ転向2002年

2013年に「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で初優勝。2016年から選手会長を務め、2017年に4勝し、史上初の選手会長として賞金王を獲得。2018年からは選手会長を譲り、欧州ツアーを中心にプレー。日本だけではなく世界でも優勝を目指す。

宮里 聖志
(みやざと きよし)

生年月日1977年2月28日

出身地沖縄県

出身校近畿大学

プロ転向1999年

2004年「アジア・ジャパン沖縄オープン」で奇跡的な逆転初優勝を飾った後、シードの常連選手となる。2012年は日本オープンから3戦連続トップ10の成績を残すが、2015年には残念ながらシード権を逃してしまった。今後の巻き返しを狙う。

内藤 雄士
(ないとう ゆうじ)

生年月日1969年9月18日

出身地東京都

出身校日本大学

日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在。丸山茂樹プロのUSPGAツアー3勝など、多くのプロゴルファーの優勝に貢献してきた。現在は様々なゴルフ媒体への出演や、PGAツアーの中継を中心にゴルフ解説者としても活動している。
日本プロゴルフ協会ティーチングプロA級を取得。


大槻 智春
(おおつき ともはる)

生年月日1990年1月26日

出身地茨城県

出身校鹿島学園高等学校

プロ転向2010年

2017年にチャレンジツアー(現:ABEMAツアー)「ザ・ロイヤルゴルフクラブチャレンジトーナメント」で初優勝し、賞金ランキング1位に。翌2018年には初のシードを獲得し、2019年に「関西オープンゴルフ選手権競技」で念願のツアー初優勝を果たす。2020-21年シーズンでは、シーズンを通して好成績を維持し、メルセデス・ベンツ トータルポイントランキングで1位を獲得した。

香妻 陣一朗
(こうづま じんいちろう)

生年月日1994年7月7日

出身地鹿児島県

出身校日章学園高校

プロ転向2012年

2016年にチャレンジツアー(現:ABEMAツアー)「elite grips challenge」で初優勝。ツアーでも「マイナビABCチャンピオンシップ」で初のトップ10入りとなる4位に入り、初シード権を獲得。2020年11月には「三井住友VISA太平洋マスターズ」で悲願のツアー初優勝を果たし、史上3組目のきょうだい男女ツアー制覇を果たす。

塩見 好輝
(しおみ こうき)

生年月日1990年9月4日

出身地大阪府

出身校東北福祉大学

プロ転向2012年

プロデビュー2年目の14年、『セガサミーカップ』で自身初トップ10となる8位に入るなどして初シードを獲得。18年はAbemaTVツアー(現:ABEMAツアー)でトップ10が3試合。賞金ランク19位に。19年は初戦以外は出場全試合で予選通過し、賞金シードに復帰。2020-21年シーズンでは残念ながらシード権を逃したため、賞金シード復帰を目指す。


嘉数 光倫
(かかず てるみち)

生年月日1989年12月5日

出身地沖縄県

出身校東海大学

プロ転向2012年

2013年に「北海道オープンゴルフ選手権競技」で優勝。2017年にチャレンジツアー(現:ABEMAツアー)「HEIWA・PGM Challenge」で初優勝。QT40位で臨んだ2018年は「日本オープンゴルフ選手権競技」で3位となるなどの戦績で初のシードを獲得。その後、残念ながらシード権を逃したため、早期の賞金シード復帰を目指す。

日高 将史
(ひだか まさし)

生年月日1986年5月4日

出身地宮崎県

出身校九州東海大学

プロ転向2007年

2007年にプロテスト合格。2015年「ジャパンクリエイトチャレンジin福岡雷山」でチャレンジツアー初優勝を果たす。2017年「HONMA TOURWORLD CUP」で3位タイ、賞金ランキング75位になり、初のシードを獲得。2020-21年シーズンでは残念ながらシード復帰とならなかった。主戦場のABEMAツアーで活躍し、賞金シード復帰を目指す。

井上 透
(いのうえ とおる)

生年月日1973年4月3日

出身地神奈川県

アメリカでゴルフ理論を学び、1997年より日本ツアーにおいて初のツアープロコーチとして男子ツアーに帯同。中嶋 常幸プロ、佐藤 信人プロなど多くのプロのコーチを歴任。現在も成田 美寿々プロ、穴井 詩プロなど多くのプロのコーチングを行っている。
2021年5月には、PGMゴルフアカデミー銀座で「井上透ゴルフ大学レッスン」を開校。

女子プロ

笠 りつ子
(りゅう りつこ)

生年月日1987年11月4日

出身地熊本県

出身校東海大学第二高等学校

プロ転向2006年8月1日(78期生)

2011年に「ニトリレディスゴルフトーナメント」で初優勝。2016年には「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」に続き、「ニトリレディスゴルフトーナメント」でも優勝を果たし、賞金ランキング3位となる。その後、優勝から遠ざかっていたものの、2021年6月に行われた「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」で5年ぶりとなる復活優勝を遂げた。

柏原 明日架
(かしわばら あすか)

生年月日1996年1月30日

出身地宮崎県

出身校日章学園高等学校

所属富士通株式会社

プロ転向2014年8月1日(86期生)

2019年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンにて悲願の初優勝を飾り、わずか1か月後に行われたNOBUTA GROUPマスターズGCレディースでツアー2勝目をあげた。
2021年の賞金ランキングは46位。2016年から7年連続でのシード権を獲得している。

西木 裕紀子
(にしき ゆきこ)

生年月日1991年9月21日

出身地兵庫県

出身校岡山県作陽高等学校

プロ転向2010年8月1日(82期生)

学生時代は2008年「全国高等高校ゴルフ選手権」にて団体優勝。2010年のプロテストに合格後、2014年ステップ・アップ・ツアー「うどん県レディース金陵杯」で初優勝。2016年「ECCレディス ゴルフトーナメント」で同ツアー2勝目を飾る。2021年度のクォリファイングトーナメントでは18位に入り、前半戦のJLPGAツアー出場権を獲得。JLPGAツアーでの初優勝と、シード権獲得を目指す。


小倉 彩愛
(おぐら さえ)

生年月日2000年9月3日

出身地岡山県

出身校岡山操山高校

プロ転向2021年6月26日(93期生)

2018年、2019年に日本ゴルフ協会のナショナルチームに選出され、2021年6月に開催されたプロテストにて2度目の受験で見事合格。2021年7月の大東建託・いい部屋ネットレディスにてプロデビュー。アマチュア時代に鍛え上げた正確なショットで、JLPGAツアーでも屈指のパーオン率を誇る。今後は正確なショットを武器にレギュラーツアー初優勝を目指す。

小倉 ひまわり
(おぐら ひまわり)

生年月日1998年7月25日

出身地東京都

出身校日出高等学校

プロ転向2017年7月29日(89期生)

「関東中学校ゴルフ選手権春季大会」、「東京都女子アマチュアゴルフ選手権」、「アンダーアーマーゲイリー・ウッドランドチャンピオンシップ」優勝、「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」団体戦2年連続優勝。2018年からJLPGAツアーに参戦。ステップ・アップ・ツアーで戦いながら、シード権獲得を目指す。

田村 亜矢
(たむら あや)

生年月日1997年4月15日

出身地北海道

出身校東北高等学校

プロ転向2017年7月29日(89期生)

「東北ジュニア選手権」、「東北女子アマ選手権」で優勝。「利府ゴルフ倶楽部」で働きながら練習を積み重ね、2017年にプロテスト合格。主戦場となるステップ・アップ・ツアーで戦いながら、シード権獲得を目指す。




幡野 夏生
(はたの なつき)

生年月日1997年8月26日

出身地神奈川県

出身校堀越高等学校

高校在学中の2015年に韓国女子ゴルフ協会(KLGPA)にてプロデビュー(日本人女子初)。2018年「フジサンケイレディスクラシック」でJLPGAツアーデビュー。同大会ではホールインワンを達成。JLPGAのプロテスト合格と次年度のJLPGAツアー前半戦出場権獲得を目指す。

Page top